医療現場のおしゃれ事情

忙しい看護師のおしゃれに迫る!

爪先のおしゃれは職場でNG

女性であれば、いかなる時もおしゃれを楽しみたいものです。しかし、時と場所をわきまえてファッションを楽しむのが望ましいでしょう。特に職場では、ふさわしい身なりで仕事の責任を果たす心掛けが欠かせません。医療の仕事に携わる看護師も仕事にふさわしい身だしなみがあります。

問題となるのは、指先の手入れです。女性に人気があるファッションの一つとして、ネイルがあります。爪先をマニキュアや付け爪で飾るのは、ファッションの定番となりました。しかし、指先を装飾すると看護師としての役割が果たせません。医療現場では衛生環境を万全に整える必要があり、指先のおしゃれは問題があります。またさらに、爪を伸ばすのもトラブルの元です。爪が伸びていると、うっかり患者やあるいは自身を傷つけてしまう可能性があります。また仕事中に爪に強い負荷がかかり、割れたり剥がれるなどの問題が生じます。そのため看護師は常に指先の爪をチェックし、適切な長さに揃えるのがふさわしいスタイルです。

看護師が働いている職場では、身だしなみへのチェックは厳しいです。もし指の爪が長ければ、看護師長に注意されてしまいかねません。看護師としてきちんと身だしなみを整えることは、最低限守るべきルールです。仕事以外でもおしゃれを楽しむ方法はあり、プライベートの時間にファッションを楽しむことに何ら問題はありません。大切であるのは、仕事とプライベートを分ける意識です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です